結婚指輪の用意

晴れて結婚する事になったあと、用意するべきものの一つが結婚指輪です。しかしこれはいつまでに用意すれば良いのかなど、詳しい事を知らない方は多いのではないでしょうか。結婚指輪は結婚式の際に男女間で交わされるものなので、当然、挙式より前には用意している必要があります。平均すると7ヶ月ほど前に探し始められる事が多いようですが、結婚式の準備などで忙しくなってきますので、式の3ヶ月前には用意しておきたいと言えます。オーダーには1ヶ月ほどかかるため、挙式ギリギリになって注文するというのだけは避けておきたい事といえるでしょう。

また、結婚指輪にも様々な形式があり、既製品やセミオーダー、フルオーダーなどがあります。このそれぞれで、中でも納期が短く手にいれる事ができる特徴があります。次にセミオーダーですが、これは豊富にあるデザインの中から選び、ベースを決めて素材や仕上げなどを決定していくものです。そしてフルオーダーは文字通り全てを自分の好み通りに作り上げていくものです。世界に一つだけの指輪を作りたいということであればフルオーダーにするのがおすすめです。このように結婚指輪でも様々な違いがありますので、調べてからお気に入りの指輪を購入してみてはいかがでしょうか。

婚約指輪との違い

結婚する時に必ずではありませんが、一般的に必要となる指輪は二つあります。それは「結婚指輪」と「婚約指輪」で、そのそれぞれの違いについて、今更聞けないと思っている方もいるのではないでしょうか。一般的に、婚約指輪は結婚を約束した男女にて、男性から女性へ贈る指輪の事を指します。これは婚約の証や記念的な意味合いから、ダイアモンドなどの高級感のある指輪を贈られる事が多いです。

対して結婚指輪ですが、言い換えるとペアリングに近い存在です。結婚する男女の間で誓いの証として結婚式で交わされるものですが、結婚式後も常に薬指にはめて生活される事となります。これは婚約指輪に比較するとシンプルなタイプで、ダイアモンドなどの派手な装飾はされていない事が多くなっています。ただ、素材にこだわりを持たれる事は多いです。

そしてそれぞれの相場についてですが、ひと昔の婚約指輪は給料3ヶ月分と言われる事がありましたが、今では20万円から40万円ほどの幅で選ばれる事があります。結婚指輪に関しては10万円ほどの価格で、夫婦合わせて20万円から30万円ほどの価格になる事があります。いずれも決して安いものではありませんので、満足いく商品を購入するようにしましょう。

結婚指輪の基本知識

結婚指輪と聞くと、やはり夫婦となった方々が左手の薬指につけるものであると、知らない方はいないくらいではないでしょうか。しかし中には、婚約指輪との違いを知らなかったり、どのように購入するのが良いのかという事だったりを知らない事もあると思います。当サイトでは、結婚指輪の基本的な知識について紹介しています。

一般的に、夫婦となる方達で用意される指輪の数は全部で3つなのが多いです。これは新婦がつける婚約指輪が1つと、夫婦でつける結婚指輪が2つという事で、すべてで3つとなります。しかし中には、婚約指輪はどのようなものなのかわからないという事もあるのではないでしょうか。これは、ドラマなどで見た事もあるかもしれませんが、男性が女性に向けてプロポーズをする際に贈られる指輪です。そのため、ダイヤモンドなど、装飾がしっかり施されているものが多いです。

それとは別に結婚指輪を用意する必要がありますが、これは夫婦でずっと身につけていくものなので、派手な装飾などはほとんどありません。一般的にはシンプルなタイプを購入される事が多いです。既製品を買われる事もありますが、その他の方法としては、セミオーダーされたり、すべてを希望通りに注文するフルオーダーされたりする事もあります。もちろん、どのような指輪を希望するかによって、このような注文方法も異なります。当サイトではこれらのような基本知識を紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。