結婚指輪の用意

晴れて結婚する事になったあと、用意するべきものの一つが結婚指輪です。しかしこれはいつまでに用意すれば良いのかなど、詳しい事を知らない方は多いのではないでしょうか。結婚指輪は結婚式の際に男女間で交わされるものなので、当然、挙式より前には用意している必要があります。平均すると7ヶ月ほど前に探し始められる事が多いようですが、結婚式の準備などで忙しくなってきますので、式の3ヶ月前には用意しておきたいと言えます。オーダーには1ヶ月ほどかかるため、挙式ギリギリになって注文するというのだけは避けておきたい事といえるでしょう。

また、結婚指輪にも様々な形式があり、既製品やセミオーダー、フルオーダーなどがあります。このそれぞれで、中でも納期が短く手にいれる事ができる特徴があります。次にセミオーダーですが、これは豊富にあるデザインの中から選び、ベースを決めて素材や仕上げなどを決定していくものです。そしてフルオーダーは文字通り全てを自分の好み通りに作り上げていくものです。世界に一つだけの指輪を作りたいということであればフルオーダーにするのがおすすめです。このように結婚指輪でも様々な違いがありますので、調べてからお気に入りの指輪を購入してみてはいかがでしょうか。