婚約指輪との違い

結婚する時に必ずではありませんが、一般的に必要となる指輪は二つあります。それは「結婚指輪」と「婚約指輪」で、そのそれぞれの違いについて、今更聞けないと思っている方もいるのではないでしょうか。一般的に、婚約指輪は結婚を約束した男女にて、男性から女性へ贈る指輪の事を指します。これは婚約の証や記念的な意味合いから、ダイアモンドなどの高級感のある指輪を贈られる事が多いです。

対して結婚指輪ですが、言い換えるとペアリングに近い存在です。結婚する男女の間で誓いの証として結婚式で交わされるものですが、結婚式後も常に薬指にはめて生活される事となります。これは婚約指輪に比較するとシンプルなタイプで、ダイアモンドなどの派手な装飾はされていない事が多くなっています。ただ、素材にこだわりを持たれる事は多いです。

そしてそれぞれの相場についてですが、ひと昔の婚約指輪は給料3ヶ月分と言われる事がありましたが、今では20万円から40万円ほどの幅で選ばれる事があります。結婚指輪に関しては10万円ほどの価格で、夫婦合わせて20万円から30万円ほどの価格になる事があります。いずれも決して安いものではありませんので、満足いく商品を購入するようにしましょう。